2011年1月13日木曜日

outlook自動仕分けの落とし穴-本文に含まれる場合

outlookの自動仕分けに
「本文に特定の文字が含まれる場合」という条件がある。
しかし、この条件は自動では働かない。
メールを受け取った時点では発動せず、
本文を開いてから「仕訳ルールの実行」で行わないと
適用されないのだ。
自動で仕分けされると思っていると大きなミスに繋がることになる。

word、余分な行を入れずに改ページ

wordでCtrl+Enterで改ページをする際、余分な一行が付いてきてセッションが綺麗に区切れないのが難点だった。
しかし
こちらのページにより、
書式→段落→改ページと改行→段落前で改ページする
にチェックを入れることにより綺麗に改ページできることがわかった。

outlook印刷時の文字化けはIEが原因

気がつけば2ヶ月も更新していなかった。申し訳ない。
さて表題の件だが、検索してもひっかからなかったので私だけの特殊な事例かもしれない。
firepassというリモートアクセスソフトがクソすぎて
ログイン/アウト時の時間がやたらかかるため、
何が原因か探っている中で
IE8をアンインストール→再インストールしてみた。
するとoutlookでHTMLメールを印刷する際に文字化けするようになってしまった。
(outlookでは印刷時のみ文字化けだが、expressでは表示も文字化け)
今でこそこれが原因だと分かるが、文字化けがでた当時は
情報もなく途方にくれてしまっていた。
全くひどすぎる。
ちなみに再アンインストール→フェンリル版IE8を更新なしでインストールすることで解決した。

ローカルガイドポイント15万

良い区切りですな。 10万達成後、口コミのポイントが5→10ポイントに上がったりしたので 稼ぎやすくはなっている。