2012年4月27日金曜日

Excelで文字の縦位置が違って見える

ExcelはつくづくWYSWYGではない。
表示倍率、フォント、フォントサイズ、行の高さ、文字の配置:縦位置など
全て揃えても微妙に画面で見る文字の縦位置が違っていたりする。
結合セルと単独セルでは違う、ということらしいが・・・。

Powerpointのフォント化け

スペースを作り、1ptにすればごまかせるらしい。
自分でメモしていたことだが、思い出せない。 

フリーのOCR

こちらもメモ程度に。
Real Reader
SmartOCR
GoogleDocs
Evernote
 
SmartOCRは現在では配布されていないが、大量に処理する場合は
RealReaderよりこちらのほうが速いので作業が捗る。 

WindowsXPが重い時は・・・

ほんとかよ?と思うがメモ程度に。
http://www.inoran.com/archives/2009/0523_1753.php
アップデート履歴を削除することで軽くなるらしい。

ExcelをPDFにするとき勝手に分割される

複数シートのExcelをPDF保存しようとすると、
勝手に分割がなされ、途中でもう何度か保存場所を尋ねられることがある。
ページのフォーマットが違うためか?と思い
列幅や行の高さを一生懸命調節していたが、どうやら違うらしい。
一旦デスクトップに移して再度PDF化したところ、一発で分割されずに作成できた。
どうやらネットワーク上のドライブで作業を行うことが原因だったらしい。
速度に原因があるのか?
accessのVBAといい、ネットワークドライブはいろいろなトラブルの原因になる。

Excelを右クリック→読み取り専用で開く

wordは何かのアドインを入れたらあっさり実装したが、excelは少々手間取った。

http://www.asahi-net.or.jp/~ef2o-inue/kankyo/sub02_03_04.html
こちらのページを参考にしたと思ったのだが、
今の自分の設定を見たらもう少し違っていて、
添付画像のものになっていた。
起動時に変なメッセージが出ることもあるので更に改良が必要かも?

Outlookで添付ファイルを自動保存&自動印刷

たまには更新しないと…

表題の機能を探していたところ、
OKWaveでわざわざ質問者のために作成している人がいた。

http://okwave.jp/qa/q3434242.html

参考にならないサイトばかりの中、ピンポイントで求めるものが見つかったので歓喜。
消された時のために保存。

Private Declare Function ShellExecute Lib "SHELL32.dll" _
  Alias "ShellExecuteA" _
  (ByVal hWnd As Long, _
   ByVal lpOperation As String, _
   ByVal lpFile As String, _
   ByVal lpParameters As String, _
   ByVal lpDirectory As String, _
   ByVal nShowCmd As Long) As Long

Sub Sample0710270(メール As MailItem)
  一時フォルダ = "\\ファイルパス)"
  For Each 添付ファイル In メール.Attachments
    ファイル名 = 一時フォルダ & "\" & 添付ファイル.DisplayName
    添付ファイル.SaveAsFile (ファイル名)
    Call ShellExecute(lngHwnd, "print", ファイル名, "", "", 1)
  Next 添付ファイル
End Sub

ローカルガイドポイント15万

良い区切りですな。 10万達成後、口コミのポイントが5→10ポイントに上がったりしたので 稼ぎやすくはなっている。