2015年4月30日木曜日

4K動画の再生プレイヤー

4K動画、うちの環境ではスムーズに再生できるプレイヤーはそうない。
画面が40インチとでかいせいだろうか、以前の28インチのときより色々な作業がもたつく傾向がある。

フレーム落ちセずに再生できるのは、
今のところはGOM Playerと、
以外な伏兵DivX Playerくらいだろうか。
PowerDVDもいけなくもないが有料だからね。

価格.COMなどで勧められているVLCはうちではフレーム落ちしてしまう。

しかし、ドットバイドットではないがChromebookでも4Kは再生できるようだから
何かもっと良いやり方はあると思うのだ。

PC内の4k動画だけを検索

ファイラー使えば簡単かもしれないが、標準機能での検索。
(Windows7を使用。)

*.mp4 フレーム幅:<>1920

これだけ。

初心者お断りの謎に満ちたWindows7の検索機能だが、詳細プロパティにあるものをそのまま日本語で入力すると検索項目になるらしい。
そこで、今使っているカメラではフレーム幅(つまり動画の横幅)が1920(フルハイビジョン)と3840(4K)の2つがあるので、4Kだけを検索するようにする。

3840という横幅をWindows7はパラメータとして認識してくれない。そこで1920を排除する方法を考える。
数値の前に<>を置くことで除外してくれるらしい。これはaccessなどでよくやった手法。
これでフルハイビジョン動画は排除できたので、あとは拡張子をワイルドカードで指定して一丁上がり。


2015年4月9日木曜日

メールの受信時間がずれる

今まで数分ずれることはよくあったが、今回は
送信が23:34
受信が1:45
と2時間以上ずれている。
なぜなのか。

IMAPで複数人が同じアカウントを見てることと関係あるのだろうか・・・

Outlook2010とLiveメール2012の比較

Outlook2013になればいろいろ解決されてるのかもしれないが
持っていないから仕方ないね。

■ファイル移動
Outlook2010はメールの添付ファイルをドラッグアンドドロップで
新規作成中のメールに添付できる。
またCtrl+C、Ctrl+Vでの添付も可能。

■検索能力
Liveメールのほうが若干高いような…

■受信トレイバグ
Outlookは受信メールが送信状態で届くことがある。
(受信メールを開くと自分が送るかのような状態になる)
転送や返信などが非常にやりづらい。
結構指摘されてると思うのでいい加減対処しようよ。

LiveメールはIMAPの処理が下手。
別のアカウントでフォルダ名を変えたりしたものが反映できずエラーが出る。
また「すべてのフォルダーをダウンロード」すると受信トレイが消える。
(ルートフォルダーのパスを再設定することで直せる)
ただフォルダ名を自動的に「送信済みアイテム」とか日本語に変えてくれるからそこは良い。

■メールアドレス処理の融通
Excelの複数行をコピーして宛先欄に貼り付けた場合、
Outlookは自動的にセミコロンなどを補完して送る体制になってくれる。

■フォント
OutlookはMS ゴシック
LiveメールはMeiryo UI
…等幅じゃないMeiryo UIはきついなあ…変更は出来るんだがね…


一応全体を見ると
Liveメールはやはり機能を絞っていると思われる。
Outlookのほうが劣って見える点もあるが、想定外のバグなのかもしれない。


■追記
忘れていたが、他にもOutlookには他にもデメリットがあった。
・差出人を変えるとメール内容が消失する(たぶんHTML形式のとき)
・自動仕訳を行うとメールの内容が消失することがある
・メール内容が消失して相手に届くことがある(本文空白のメールが届く)

いずれもIMAP環境にて。
最初のは手間がめんどくさい。2番めは気づかないで完全消去しちゃうとやばい。
最後のは送信トレイをチェックしないと気づけないという恐ろしい仕様。
環境変えても再現したからOutlookのバグなんだろうな~


メールに返信マークが付かない時は…

http://community.office365.com/ja-jp/f/347/t/56952.aspx

非常に気になる記事。
時々起こる現象だが、原因がいまいちわからない。
でもこれ=原因ではなく原因のひとつなんだろう。

マイクロソフト製メールソフトの闇は深い。

ローカルガイドポイント15万

良い区切りですな。 10万達成後、口コミのポイントが5→10ポイントに上がったりしたので 稼ぎやすくはなっている。