2018年2月5日月曜日

上海問屋の驚異の営業時間

昨日夜に上海問屋でひとつポチ。

注文後にひとつ疑問が出てきたので、今日の早くに問合せ。
念のため、メール末尾の問い合わせメール先プラス
HPに記載の問い合わせメール先にもメール。

しかし、そんな二重に送るという念入りにもかかわらず
「発送の連絡」というメールが届いた。

意図的に無視しているのか、オペレーションが適当なのか。
まあ前者のように思うのは当然か。

気になるのは、上海問屋からのメール末尾に記載されている以下の文言。

■お問い合わせ先
『上海問屋お客様センター』
・メールでのお問い合わせ:donya_3@shop.rakuten.co.jp
・お電話でのお問い合わせ:03-4332-9631(平日10時~12時)


注目は、
・お電話でのお問い合わせ:03-4332-9631(平日10時~12時)

1日2時間しか受け付けないのかよ!
驚くべき営業時間。
それ以外は受け付けないよ、と。
顧客の責任に転嫁するのかな?

前はこんな悪印象の会社ではなかったんだが。
サードウェーブしっかりしろ!

0 件のコメント:

ブルーレイ2層のリッピング

仕事で仕方なくブルーレイをリッピングするはめに。 家からUSB外付けのブルーレイドライブを持ってきたのだが、なぜかディスクを入れてもマウントが終わらない。試しにDVDを入れてもだめ。運んでくる途中で壊れたか? 仕方ないので、一台だけあるブルーレイドライブ内蔵PCで作業。 ...